top of page
​パーソナルカラーQ&A
Q1 :パーソナルカラーとは?

パーソナルカラーは対象を「人」に絞り込んで、個々の人のスキントーンに、肌質の要素を考慮し、また肌トラブルをカバーし、最も魅力的に見える色を特定する診断です。 「似合う色」だけでなく「見せたい自分を演出する色」「トラブルをカバーする色」など目的に応じて様々な色の提案ができます。 しかし、色に対する美的評価は文化圏、気候風土、個人の嗜好など(表現感情)が影響して全ての人が100%共通の答えは得られません。 パーソナルカラーも同様でその人に対して、「8割以上の方から好評価を得られる色の特定」と新パーソナルカラー協会は定義しています。 新パーソナルカラー協会およびNPCAカラースクールでは客観的な目線でパーソナルカラーを診断し、10人いれば8人以上から似合うと言われる的確な色の提案をするプロを養成し、パーソナルカラリスト、新パーソナルカラー診断士の名称で呼んでいます。

Q2 :パーソナルカラーのメリット

パーソナルカラーを知ることで様々なメリットがあります。 その例として下記のような事があげられます。 その① 洋服の選択の容易さ:パーソナルカラーを知ることで、最も魅力的に見える色を選ぶことができます。 これにより、洋服やアクセサリーを選ぶ際に迷うことが少なくなり、自信を持って自分に似合うものを選ぶことができます。 その② 自己肯定感の向上:自分に似合う色を知ることで、自信を持つことができます。 適切な色を選ぶことで、自分の外見をより魅力的に見せることができ、その結果として自己肯定感が高まります。 その③ 自己表現の向上:適切な色を選ぶことで、個々の個性やスタイルをより明確に表現することができます。 自分に似合う色を選ぶことで、自己イメージを向上させることができます。 その④ 印象の向上:パーソナルカラーを知ることで、他人に好印象を与えることができます。 適切な色を選ぶことで、プロフェッショナルな環境でもより信頼性や尊敬を得ることができます。 その⑤ 似合う色を見つける以外にも、シミ、シワ、くすみ、たるみ等のお肌の悩みをカバーするのにとても有効です。 パーソナルカラーは年齢を重ねるほど効果的になってきます。 その⑥ 買い物の効率化:パーソナルカラーを知ることで、買い物が効率的になります。 時間を節約し、お金を無駄にせず、自分を魅力的に魅せる最善なものを選ぶことができます。 その⑦ コミュニケーションの補助:パーソナルカラーは、他人とのコミュニケーションにも役立ちます。適切な色を選ぶことで、自己表現を補完し、他人との関係構築を助けることができます。

Q3 :4シーズン分類とは?
Read more

4シーズン分類とはパーソナルカラーの診断結果を春、夏、秋、冬という四季の持つ印象に当てはめたプレゼンテーションの方法です。

Q4 :パーソナルカラーの4属性とは?
Read more

パーソナルカラーは色を構成する「色相(ベース)」「明度」「彩度」の三つの属性に質感を表す属性「清濁」を加えた4つの属性から、個々に合った似合う色調域(色の範囲)を測定します。各属性の働きは...

Q5 :パーソナルカラーは一生変わらない?
Read more

数年では変わりませんが、パーソナルカラーは変わります。変わる度合いは人それぞれですが、4シーズンで言えば、シーズンが変わる人もいれば、同じシーズンの中で変わる人もいます。その理由は...

Q6 :パーソナルカラーの勘違い?
Read more

ぜひ読んでほしい多くの人が勘違いしている根本的なパーソナルカラー診断の誤解 です。(流派関係ありません!)

Read more

大半の日本人を含むアジア系の人々の瞳の色の違いはとても微妙なものです。 瞳の色面積と顔や体の面積を比較した時、その影響は限りなく無に近いです。詳しく説明す...

4シーズン分類とは
パーソナルカラーの4属性とは?
パーソナルカラーは一生変わらない?
パーソナルカラーの勘違い?
瞳(虹彩)の色ってパーソナルカラーに関係あるの?
bottom of page